アラブ浴場(ジローナ):800年前に造られたロマネスク・イスラムのお風呂

スペイン
Sponsored

ジローナの歴史についてはこちらで書いたけど、ユダヤ人を追ってイスラム教徒が侵攻したので、イスラム風建築が多く、ユダヤ人街もあります。

ジローナ:オニャール川に架かる橋から中世の佇まいが残る街並みを眺める
フランス国境にも近い東カタルーニャのジローナは、中世の佇まいを多く残していて、静かな街。 その観光スポットといえば、やっぱりオニャール川にかかる橋です。この橋から眺める街並み。これを見るために片道1時間半かけてバルセロナまで日帰りする価値の...

その中で、観光名所としても有名なのが、アラブ浴場です。オニャール川からの景色と同じくらい楽しみにしていたのがこちら。イスラム建築と海外のお風呂という二重の関心事項!(*’ω’*) 入口入って左に小さい窓口があり、そこでチケットを買います。

スポンサーリンク

場所はココ

カテドラルからも歩いてすぐ。

開館時間等

開館時間は月~土曜は10時~19時ですが、日祝は14時閉館です。
そして、11月~2月は全日14時閉館です。
もともとスペインの観光施設は冬は閉まるのが早いんですけど、アラブ浴場は14時と、特に早いです。入場料は2€。

イスラム侵攻の跡を残す建物

このアラブ浴場は、イスラム風ロマネスク様式の公衆浴場。当時はやりの建築様式だそうです。正確な起源ははっきりしていないけれど、1194年に造られた説が有力です。
1931年に修復が完了して、公開されるようになりました。

建物は機能別に4つの部屋に分かれていて、利用者はこの入口から4つの部屋を順々に移動していきます。まず一つ目の部屋は、更衣室と身体を洗う浴場です。石造りでちょっと冷えそうだけど、素敵な建物。

円柱で囲まれた六角形の浴槽には、天井に開いた穴から光が差し込みます。これは・・・あれだ、テルマエ・ロマエの世界( ・ิω・ิ)

続いて冷水を浴びる部屋、温めの部屋、スチームサウナと続いて行きます。

2つめの冷水を浴びる部屋。

3つめの温めの浴場

最後にここが一番温かい場所で40~50℃のスチームサウナ。

この後は外に出ます。そのまま屋上に上がる階段があります。当時、スチームサウナの後はこのあたりでクールダウンしたのかな。

屋上は別に見晴らしが良いというわけではないけれど、建物の上部を見ることができます。

名前が”アラブ浴場”なのでアラブ人が主に使用していたように感じるけど、中世、実際使用していたのは意外にキリスト教徒が多かったそうです。全部で15分ぐらいで見て回れる大きさです。ササッと行けば5分かな。

※ジローナへは行かないけど、アラブ浴場には興味あるという人! アラブ浴場はスペインの他の地域(グラナダ、ロンダ等)でもあるので探してみてください!(*’ω’*)

楽天ブックス
¥2,420 (2024/07/12 03:23時点 | 楽天市場調べ)

更新履歴

2018/10/09 新規作成
2020/05/01 全体をリライト

タイトルとURLをコピーしました