カン クジェレタス(バルセロナ):バルセロナ最古のレストランで伝統のカタルーニャ料理

スペイン
Sponsored

お昼にカタルーニャ料理を食べたいと思って、カン クジェレタス(CAN CULLERETES)というお店に行きました。1786年開業で、バルセロナ最古、スペイン国内でも2番目に古いレストラン。もう入口からして既に歴史を感じますね。カタルーニャの伝統的な料理を食べられるお店です。

全席禁煙です。

スポンサーリンク

場所はココ

地下鉄リセウ駅から近いです。グエル邸から近く、私はもグエル邸を観光した後に来ました。

店内のようす

店内の装飾も素敵。店内は意外に広く、奥行きがあって、左右にもフロアがあります。外から見るよりもカジュアルなお店。

ランチコース

単品メニューもあるけれど、ランチタイムは、セットメニューが3種類ぐらいあります。このメニューは英語とスペイン語で書いてあるので観光客でも利用しやすいです。

こちらが一番安いコース。前菜・メイン・デザート・パン・水で税込み14.5€。前菜~デザートはそれぞれ4~5種類の中から1つ選びます。

これは前菜・メイン・デザート・パンのコース。16.5€。選べるものが上と違って、種類も豊富。それから1ドリンク(ビール・ワイン選択可)がつきます。

16.5€のランチコース

カネロニが食べたかったので、16.5€のランチコースを注文してみました。

コーラ

ドリンクはせっかくアルコールが注文できるので・・・と言いたいところですが、なぜかコーラを注文してしまいました(;^ω^) 他には水、オレンジジュース等がありました。なんか、凄く甘いコカコーラ。

前菜:カネロニ

前菜はもちろん、カネロニ(Caneloni with spinaches and cod fish brandade)。カタルーニャ料理の代表格! カネロニは大きなマカロニという感じの形状で二つ。表面についた軽い焦げ目が良いですね。たっぷりのホワイトソースと上にチーズがかかっていました。

カネロニの断面。お肉や野菜などがミンチになって入っていました。少しスパイシー。滑らかなクリームソースとのバランスが良いです。ラザニアみたいな感じです。このカネロニ。前菜とは思えぬボリュームで、これだけで腹7分目ぐらいまで来てしまいました。

メイン:いかリングフライ

メインはこちら。いかリングフライ(Squids rings in batter)。一緒にマヨネーズとトマトソースも出てきました!カットしたレモンが添えられています。このトマトソース、ガーリックが効いていて、ちょっとガスパチョみたい。パンに合います。

デザート:チョコレートケーキ

デザートはお店の人オススメのチョコレートケーキ(Chocolate cake)。これが見た目以上にあっさりとしていて、でもカカオのコクがあって、美味しい。

全体的に、プロフェッショナルな料理というよりは、カタルーニャの伝統を守った家庭的な料理でおいしく、値段も比較的手ごろで、この歴史的な風格のある建物とあわせて、観光客にはとても良いお店だと思います(*’ω’*)

コース外:カフェ・コン・レチェ

カフェ・コン・レチェ(1.5€)でシメ。カフェラテみたいなものです。スペインでは食事はコーヒーでシメるのが普通だそうで、大体食後に聞かれるんですよね。

食後の余韻を堪能してからお会計。クレジットカードが使えました。

楽天ブックス
¥2,420 (2024/07/12 03:23時点 | 楽天市場調べ)

お店について

営業時間/13時30分~16時・20時~22時45分、日曜は13時30分~16時のみ
定休日/月曜、そのほかクリスマスと、夏に1か月休暇あり
最寄駅/リセウ(Liceu)駅・ジャウメ・プリメ(JaumeⅠ)駅

お店は終始満席に近かったです。心配な場合は、公式HPからネットで予約ができます。

タイトルとURLをコピーしました