千亀(名古屋):備長炭で焼いた名古屋コーチン! 予約はぜったい必要です

愛知
Sponsored

鶏肉好きにとって、名古屋といえば、やっぱり名古屋コーチンです。その名古屋コーチンの焼鳥を食べたいと思って、栄にある千亀という焼き鳥屋さんを予約しました。店内はカウンター席8席の他にお座敷があって、とても風情があります。カウンター席に座ると目の前で焼いてるのが見えて最高です。

スポンサーリンク

場所はココ

栄駅から歩いて8分の場所にある雑居ビル。階段をあがって2階にあります。伏見駅からも近いです。

メニュー

焼き物メニュー。このほかに黒板メニューもありました。全部1本から注文OK。コーチンを使っているものにはコーチンと書いてあります。それ以外のものはコーチンではなく、三河赤鶏など、別のブランド鶏になります。

こちらがドリンク。

お通し(キャベツ)代が別途330円かかります。塩味がついてるのでそのままパリポリ。鶏肉の箸休めにちょうどいい塩加減。生ビールにも合います。

生ビール(700円)

美味しかったものを紹介するよ

地酒(ワンカップ)

こちらのお店、日本酒も色々取り揃えているんですけど、なんと全部ワンカップ(800円~)!私はその中から「からから」を選びました。常温です。鄙びたカウンターにワンカップが合う!(*’ω’*)

「からから」800円

コーチンもも塩焼き

まず注文したこのコーチンもも塩焼き。名前通り、コーチンのもも。シンプルに炭火焼きにして、添えられた塩と柚子胡椒、すだちと一緒にいただきます。皮は見ての通りパリパリ!もも肉はしっとりジューシー!

コーチンもも塩焼き(1,450円)

コーチン肝

これもコーチン。コーチン肝。火入れが完璧すぎて。とろりと口の中でほどけていきます。

コーチン肝(380円)

白レバー

もうひとつレバーがあったので、食べ比べ。白レバー。そういえば私は、味付けを指定してなかったけれど、コーチン肝は塩、こちらはタレで出てきました。タレと言っても見ての通り、サラッとした感じで味付けが控えめ。コーチン肝がとろけるような食感なのに対し、こちらはむっちりとしていました。

白レバー(380円)

つくね

そしてつくね。コーチン入り。ナンコツも入ってコリコリとしています。これは塩でう。むちっとしつつ、ほろっと崩れていく絶妙な硬さ。これも美味しい!

つくね(390円)

ちょうちん

そして、最後に必食、ちょうちん。メニューにあったら必ず注文。もちろんここでも。きんかんとひもを一緒に串に刺したもの。きんかんのぷちっと弾ける感触とひもの弾力。香ばしいタレ味がマッチしてます。

ちょうちん(480円)

せせり

せせりは弾力があって、「肉食べてるな!」っていう手ごたえのあるお肉。せせりも含めて、何を食べても美味しかったです。さすが名古屋でイチバン人気と言われるだけありますね(^^♪

せせり(360円)

お店について

コメント

タイトルとURLをコピーしました