7 PORTES(バルセロナ):人気のいか墨パエリア”アロス・ネグロ”を食べる

スペイン
Sponsored

イカ好きの私は、バルセロナに来たら、カタルーニャ料理の”アロス・ネグロ”を絶対食べようと思ってました。いくつか候補のお店の中で、ちょうどバルセロネータのセッテ・ポルタス(7 PORTES)が場所的に良いなと思って、ここに行くことに決めました。

外から見てもなかなか重厚な店構えは1836年創業で、あのピカソやダリも訪れたことのある名店。当時はカフェだったそうな。セッテポルタスというのは、7つの扉という意味で、実際扉は7つあるそうです。

13時開店で25時まで通し営業なのが、不規則になりがちな旅行期間中の食事にありがたい!平日のランチタイムに行ったところ、予約無しで入れました。でもやっぱり混んでましたね。予約したほうが無難かも。下のGoogle Mapから予約ができます

スポンサーリンク

場所はココ

場所は地下鉄バルセロネータ(Barceloneta)駅から歩いてすぐ。

店内のようす

黒と白を貴重としたシックでカッコイイ雰囲気のお店。席数も多いです。

壁には著名人のサインが飾られ、更に席にはそれぞれ、音楽家などの名前がつけられています。私が通された席はテテ・モントリューという盲目ジャズピアニストの名前がついていました。

外にはテラス席もたくさんあります。スペインではカウンター席<店内<テラス席と値段が違いますけど、テラス席はとっても人気です。

日本語メニュー

日本のガイドブックにも大体掲載されているお店だけあって、日本語メニューもあります。その他英語、中国語、韓国語などもありました。これに付加価値税(10%)がかかります。

●前菜(冷製)

●カネロネ・前菜(温製)

●米・麺料理・魚介

●肉料理・付け合わせ

食後にはデザートと飲み物のメニューも出てきます。これはスペイン語・カタルーニャ語・英語のみです。

食べたものを紹介するよ

料理にはパン(2.4€)がもれなくついてきます。

あとグラスカヴァ(3.5€)があったのでこれを注文。結構な量です。ミネラルウォーター(2.8€)も一緒に。

アロス・ネグロ

こちらのお店に行った理由は、パエリアが1人前から注文することができるから。

パエリアといえば、大きな魚介が飾られた赤黄色いものを想像するけれど、イカ墨を炊き込んだ”アロス・ネグロ”というパエリアもあります。カタルーニャ料理です。これがそのアロス・ネグロ(arros negre, 19€)。鍋で焼いた1人前を持ってきてくれ、1杯目はこんな感じでよそってくれました。

イカ墨で真っ黒のお米はしっかりアルデンテでコクがあります。具材はほかにあさりといかの身。シンプルだけど凄く美味しい。

鍋に入った写真がきれいに撮れなかったので載せなかったけれど、1人前とは思えないボリュームでした。このエルチェで頂いた魚介のパエリアの1.5倍ぐらいです。

Restaurant elche(バルセロナ):1人前から注文できる海鮮パエリアがおいしい!
スペイン・バルセロナの老舗レストラン。パエリアは1人前から注文出来てアロスネグロもあります。パラレル駅近くにあってバルセロネータビーチも近いです。

蒸し野菜 バージンオリーブオイルとロメスコソースを添えて

今まで、これは注文しちゃダメ!なんてこと言ったことあるかな? 1回ぐらいあるかもしれない(笑) それぐらいレアです。
蒸し野菜 バージンオリーブオイルとロメスコソースを添えて(Verdures al vapor, 12.2€)

今になって思うとなんで、魅力的な料理が並ぶメニューからこれをチョイスしたのかいまだにわからないけど、たぶん、野菜を摂らなきゃと思ったんでしょうね・・・(^^;)

これ自体はほんとにただの蒸し野菜です。基本蒸してるだけ。しかも結構なボリュームです。そして、なんか、どれも土臭いんですよ。ナチュラルと言えば聞こえはいいか。

ロメスコソースは野菜に使われるトマトベースのソースで、カタルーニャの伝統的なもの。優しい味わい。なので、野菜の土臭さに完全に負けます。

バルセロナで食べたもの、みんな美味しかったんです。これ以外は(笑)他に美味しそうな料理あるので、ぜひぜひ、他のものを食べてください。

カフェ・コンレチェ

食後はコーヒーを。カフェコンレチェ(2.7€)
まろやかで飲みやすいコーヒーでした。デザートはやっぱりここでも入りませんでした(;^ω^)

食べすぎた食後はバルセロネータビーチを散策しました。

楽天ブックス
¥2,420 (2024/07/20 01:02時点 | 楽天市場調べ)

お店について

タイトルとURLをコピーしました