サンタ・エウラリア大聖堂(バルセロナ):カテドラルの”夕景”が美しかった

スペイン
Sponsored

夕刻、バルセロナのカテドラルに立ち寄りました。カテドラルとは司教座聖堂(大聖堂)のことで、地域ごとにあります。バルセロナではここがそうです。正式な名前は、サンタ・エウラリア大聖堂

教会の前は広場になっていて、ベンチがあって、人がたくさんいます。
上の写真は明るいけれど、既に20時過ぎていて、閉まっていました。でも外観だけでもとても素敵。時間的には夜景なんですけど、”夕景”と表現するしかない空の色(*’ω’*)

スポンサーリンク

場所はココ

私はどこからか彷徨いながらここに辿りついたけど、地下鉄ジャウメ・プリメ(Jaum I)駅からすぐです。本当は別の場所に行く予定だったんです(正直に言うと道に迷っていた)
旧市街の中心、ゴシック地区に建つ、大きな大聖堂です。

カテドラルの中に入るには

入口は開いてはいるんですけど、この時間は地元の礼拝目的の人しか入れません。
正面ファザードの細工がほんとに細かくて美しい!

カテドラルの中に入れるのは
平日 8時~12時45分・17時45分~19時30分
土曜 8時~12時45分・17時15分~20時
日祝 8時~13時45分・17時15分~20時
です。うち、13時~17時(日祝14時~17時)は7€かかります。それ以外は入場無料。

おまけ。カテドラルの左にあるこれはGaudi Exhibition Centerなんですけど、この外観に凄く惹かれました。もちろん、ここももう閉まってました。

楽天ブックス
¥2,420 (2024/07/12 03:23時点 | 楽天市場調べ)
タイトルとURLをコピーしました